かすろぐ

かすろぐ

バイクやカメラその他いろいろなことをだらだらと…淫夢要素はありません

”それっぽい”写真の撮り方。

 こんにちは。今回は写真について。

 

 個人的に写真を撮ったり見たりするのが好きなんですが、最近Twitterを見てて少し思うことを書きなぐっておきたいと思います。

 

 自分はスマホとか一眼(エントリー機)でよく写真を撮りますが、人に見せたりちゃんと記録に残すっていうとやっぱり一眼で撮ります。まぁまだまだスマホは一眼に及ばない点が多いですからね。

 

 少し脱線しますが、一部、というか大多数の人にとってもはや一眼は無用の産物なんですよね。

 風景から料理まで、様々なシーンで昔は一眼レフやコンパクトデジタルカメラが使われていたのが、今はもうスマホだけで済む時代になりました。飲食店で一眼カメラで料理を撮ってる人なんてめったにいません。おまけに最近のスマホは画素数とかボケとか、一眼にも負けずとも劣らない性能のものも数多く出てきており、これが世の中の「一眼不要論」を加速させてると思います。

 

 ただ、たいていこういう意見の方の多くは、あくまで推測ですが、ろくにカメラを触ったことのない方が多いように思います。残念ながら。

 たいていの人が「画素数も一眼に追い付いている」とか言いますが、カメラの性能は決して画素数だけではありません。

 画素数が絵を描くキャンバスの大きさ、だとすると、あと大事なのは画家の技量であったり絵の具の種類だったりします。技量はひとまず置いておいて、絵具であったり、画家の目に当たるのが私はセンサーしかりレンズしかりだと思います。スマホがまだ一眼に追い付いていないところはここらへんでしょう。

 いくら大きなキャンバスに絵を描く能力はあっても適切な絵の具を選ぶ能力や、正確に絵を描きとる能力がなければ良い絵は生まれません。まぁただここら辺の技術の差も徐々に埋まっていくとは思いますが。

 

 だいぶ脱線してしまいましたが、別に私はスマホはゴミ。一眼使え。などと言ってるわけではなく、現時点ではまだ一眼のほうがスマホカメラより当然撮影能力に関しては雲泥の差があるよ。ということが言いたいのです。携行性等をふまえると総合的にはまた評価は変わってきますけどね。

 

 というわけで何を話してるか少し怪しくなってしまいましたが、それっぽい写真を撮るにはどうしたらいいか、個人的にずっと考えてました。

 

 その中で一番大切なのはやはり「水平、垂直を意識する」ということです。

割と基本的すぎてあまり気にしない人も多いように思えますが、きちんと水平と垂直を撮ることで、同じロケーションでも大分違った印象になります。

 スマホの写真に多いのがオシャレに撮ろうとしたり、スマホ自体が傾いていて被写体を斜めに撮っているような写真があります。

 


こういうアングルは確かにちゃんとはまればダイナミックな構図を実現できるため、プロの方でもやる方はいると思います。ですが、SNSでシェアする分にはそのような気を衒ったアングルではなく、しっかりとモノを正面にとらえ、水平と垂直を意識するだけで数倍いい写真を撮れると思います。

f:id:kstr_udon:20190321011940j:plainf:id:kstr_udon:20190321011759j:plain

f:id:kstr_udon:20190321011444p:plain

f:id:kstr_udon:20190321011932j:plain

 スマホでも一眼でも、画面やファインダー内にグリッドを表示させる気のは必ず付いています。これは水平や垂直を整えるのに一役買うほか、構図のバランスとかを考えるのにも非常に役に立つものです。

 ほかにもいろいろテクニックはあるでしょうが、まず最低限ここら辺を抑えておくと個人的にはそれっぽい写真が撮れるようになるんじゃないかな、と思います。

 

 それでは!